HOME>注目記事>現場でよりよく広告を目立たせたいなら素材の確認を

現場で企業のPR活動する物

建設作業

現場シートとは、工事現場や解体現場で足場に設置されるシートのことで広告がついている物を指します。利用用途は様々で、企業のPR活動の一環として出すこともあれば、工事現場で何を立てているのかを明らかにする広告にすることも多いです。また、現場が現在どのようになっているのかを明らかにする案内として利用することや、現場によっては景観をよくするために使うことも少なくありません。利用するときにはどのような目的で何を伝えたいのかを明確にして使用することが、周囲からの反応を良いものにできるでしょう。なお、風通しの良いメッシュの現場シートもあるため、通気性の良さを重要視する現場に使用すると、通気性をキープできるといいます。

光沢のあるものを屋外へ

工事現場や解体現場で重宝されている現場シートには耐久性のあるタイプと通気性の良いタイプがあります。耐久性の高い物の場合、屋外で長期間使用していても問題なく使用できるのがメリットで、メッシュタイプは通気性の良さが特徴です。どちらも屋外内で使用することは可能とされていますが、長期に屋外に設置意をするなら耐久性の高い物のほうがいいでしょう。光沢があるため遠くからでも美しく見えることと、写真などの広告も鮮やかに見えることがメリットだからです。

サイズを確認して依頼する

基本的に低価格で提供されていることの多い現場シートですが、サイズに関してはある程度規定があります。規制に沿って発注することで割安な価格で提供されているため、低予算で良質な物を作りたいと考えているならサイズを考えて依頼しましょう。多くの制作業者の場合規定サイズが存在していますが、複数のサイズの中から自社でどのくらいの大きさの物を作るかを確認して、依頼してください。足場のサイズに合わせて製作することが可能となっているため、複数サイズを作っている企業や別デザインの物を作っている企業もあります。

広告募集中