HOME>ホットトピックス>早めに決めておいた方が手続きがスムーズに進む

まずはデザインを用意

会社名や電話番号などが入ったオリジナルの現場シートを作成する場合、まずそのデザインを用意する必要があります。発注者側でデザインを作ることができるのであれば、対応した形式かどうかを確認した上で、早めに完成させておきましょう。また、現場シートのメーカー側が、いくつかのテンプレートを用意していることも多いです。その場合はテンプレートを指定した上で必要な情報を入力すれば、簡単にオリジナル製品が作れます。

サイズを確認

現場シートには幅広い場所に対応できるように、数多くのデザインが用意されています。その中から最適な大きさを選ぶ必要があり、大きすぎても小さすぎてもいけません。そのため、可能であれば実際に使用する現場で、計測をしておいた方が良いです。

素材もチェック

現場シートにはポリエステルとビニールを組み合わせたターポリンが使用されることが多いですが、標準的なものの他にメッシュ加工が施してあるものもあります。メッシュ加工は風が強い場所に適しているという強みを持っています。使用する場所のことを考えながら、標準かメッシュのどちらにするのかを決めておきましょう。

既製品は通販形式

現場シートにはオリジナルではない既製品もありますが、それを入手する場合は特に複雑な手続きは必要ありません。一般向けの通販と同じように、用途に合ったデザインを選び、インターネットや電話などから気軽に注文できるでしょう。

広告募集中